腰痛

  • 昔から腰が痛い
  • ぎっくり腰を繰り返す
  • 身体を強くひねると痛い
  • お尻や足に痛みやしびれを感じる
  • 長時間同じ姿勢で腰が痛い

腰痛施術01腰痛でお困りの方はとても多く、痛みが出た時だけ、さすってみたり温めてみたり、ストレッチを試したり、と色々な方法、その場をしのいでいると思います。

ちょっと腰が痛いだけ、と思って軽く見ていると、負担が積み重なり、突然激しい痛みに襲われるぎっくり腰や、下半身に痛みやしびれを生じさせる椎間板ヘルニアになってしまう恐れもあり、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

不調を放置していても良いことはありません。「そのうち良くなるだろう…」と我慢はせず、福岡市東区の整骨院藤川までぜひご相談くださいね。

腰痛の種類

腰痛は病名ではなく、腰回りを中心に痛みや張りなどの不快感を表すもので、腰痛が原因となって起こるものに、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、その他にも色々あります。

ぎっくり腰
その名の通り突然、腰にギクッとした激しい痛みに襲われ、正式には急性腰痛症といいます。西洋では「魔女の一撃」と呼ばれるぐらい、1度体験すると2度とは経験したくないレベルです。
くしゃみやお辞儀、重い荷物を持ち上げようとしたなど日常の何気ない動作がきっかけとなる事が多いです。
腰椎椎間板ヘルニア
椎間板とは背骨と背骨の間にあり、ゼリー状でクッションのような役割をしています。その椎間板の中身が外へ飛び出し、神経にあたります。脳と手足を繋ぐ神経が圧迫されると、お尻や手足のしびれや痛み、動きにくさを感じます。
靴下を履くような前かがみの姿勢や、椅子に座ったりすると不快感が強くなり、神経の圧迫が進むと排尿や排便困難となってしまうケースもあります。

腰痛の原因とは?

筋肉の緊張、骨格の歪み

  • 長時間のデスクワークや車の運転
  • 立ちっぱなしの作業
  • 家事や育児、介護などで中腰や前かがみになる
  • 重たい荷物等の運搬作業やお子様の抱っこ
  • 腰回りに負担がかかる激しいスポーツ

同じ姿勢が続くと、腰や背中などに重心が集まって、姿勢を保とうと筋肉が頑張ります。筋肉の緊張状態が続くと、筋肉に引っ張られるように背骨が歪み、腰周りに負担がかかります。
また、上半身だけの力で重い荷物を持ち上げようとした時やお子様の抱っこ、腰をひねるような動作のあるスポーツは、腰の筋膜や筋肉にダメージを与えます。

人間の身体は構造上、腰や背中に負担がかかりやすく、筋肉も緊張し、背骨の動きも硬くなります。
福岡市東区の整骨院藤川では、筋肉をほぐすだけではなく、背骨も柔軟に動くようにしてあげることが大切だと考えています。

内臓の不調

  • 仕事のストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活
  • 季節の変わり目
  • 運動不足

腰痛と内臓は関係が無いように思えますが、私たちが就寝している間も働き続け、内臓が疲労して腰痛となっている場合があります。

ストレスや生活・食習慣の乱れで、内臓の仕事量は増えます。仕事をこなそうと頑張った内臓は疲れてしまい、機能が低下します。
そうすると、血液の流れも悪くなり、筋肉が硬くなります。カチコチに硬くなった筋肉はやがて悲鳴をあげ、痛みとなります。

整骨院 藤川の腰痛施術法

腰痛施術02福岡市東区の整骨院藤川では腰痛にも色々なタイプがあるので、まずはお1人おひとりの痛みや不調を、カウンセリングと検査でしっかりと見極めていきます。

腰が痛いからといって、腰にばかり注目せず、身体を作る上で大黒柱となっている背骨を重要視し、頸椎から背骨までの動きをチェックします。
そして、カウンセリングと検査を踏まえ、ご自身の身体の事をきちんと理解した上で施術へと移ります。

決して、一方的な施術ではありません。
私たちと一緒に自分の身体について知る事は、再発しない、痛みの無い健康的な身体作りへの最短距離だと思っているからです。

身体への負担が少ない手技で、凝り固まった筋肉をやわらげ、歪んでしまった骨格を正しい位置に戻し、筋肉と骨格を正常な動きが出るようにします。
そして、手では届かない奥深い所にある内臓は経絡(ツボ)を使って整えていきます。

食事面もアドバイスし、身体と食事のバランスを取りながら、筋肉・骨格・内臓とトータルでアプローチします。

身体の使い方を間違えれば、不具合になるのは当然です。
私たちと一緒に、正しい身体の使い方を身につけ、痛みの無い毎日を過ごしてみたいと思いませんか?

是非、福岡市東区の整骨院藤川にお任せください!